C型肝炎の検査

C型肝炎の検査は、流れとしてはB型肝炎とほぼ同じ。問診を経て血液検査・尿検査・画像検査などをおこないます。

C型肝炎の可能性が疑われる人の場合は、過去の手術や輸血・その他針を刺す事故や行為などについて聞かれるケースが多いですね。

C型肝炎の血液検査では、血液内にC型肝炎ウイルスに反応する抗体「HCV抗体」ができているかどうかを最初に見ます。
もっとも、HCV抗体が体内にあっても、急性C型肝炎から慢性C型肝炎に移行することなく治癒する人もいますので、「今も感染しているのか、過去だけのものなのか」を判断するために、HCV抗体の量や、HCV-RNA(C型肝炎ウイルスのリボ核酸)などについても調べます。HCV-RNAについては、陽性なら「現在感染中」、陰性であれば「かつては感染していたけれど今は治癒している」という目安になります。

ただ、このHCV抗体のチェックには、実はひとつ落とし穴があります。HCV抗体は、HCV、つまりC型肝炎ウイルスが体に入ることでできる抗体ですから、感染直後はまだ体内で作られていない状態です。ですからごく初期の段階では、この抗体チェックをすり抜けてしまうケースがあります。ですが日本ではC型肝炎ウイルスへの新規感染そのものが少ないことから、これによる問題が発生する可能性はまれですので、さほど心配する必要はありません。

この外にも尿検査やエコー検査が併用されることが多く、さらに検査が必要となった場合は、CTやMRIなどの高度な画像検査で詳しく肝臓の状態を調べ、最終的には肝細胞の病理組織検査で判断を下します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加