C型肝炎の感染経路

C型肝炎の感染経路は血液。現在は輸血が原因で感染するリスクはほとんど無くなりましたが、それ以外の感染経路で気をつけておくべきことを見てみましょう。

家族にC型肝炎ウイルスキャリアがいる場合は、カミソリやタオル・歯ブラシなどの共用を避けましょう。食器の共用やお風呂に一緒に入る、洗濯物を一緒に洗う、などということくらいでは感染しません。

職場など、社会生活でつきあう範囲にC型肝炎ウイルスキャリアがいる場合でも、ビジネス上の普通のつきあいのレベルであれば、特に気をつけることはありません。ウイルスキャリアの人がケガで出血した時に、その血液が他人につかないように気をつける、というぐらいで問題ないでしょう。
また、万が一ウイルスキャリアの人の血液が付着しても、すぐに水でよく洗い流せば大丈夫ですので、あまり神経質になりすぎないことも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加